アストロアーツ 天文講習会

アストロアーツが開催する天体撮影や画像処理等の講習会についてご案内いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「無料オンライン講習会 ステラナビゲータを活用して皆既月食に備えよう」

多彩な機能を備えた天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ11」。しかし「複雑すぎてどうやって使いこなせばいいかわからない」という声もお寄せいただいていました。そこで、5月26日の皆既月食をさまざまな切り口でシミュレーションすることでステラナビゲータの活用法を案内するオンライン講習会を実施いたします。

ステラナビゲータをお持ちの方はもちろん、これから購入を検討されている方や興味がある方のご参加も大歓迎です。

日時:

  • 2021年5月15日(土)19時~

※講習時間は約1時間半程度(質疑応答を含む)です。

講座内容:

  • ステラナビゲータの基本的な使い方:日時と場所を設定する/星図の表示方向と範囲を変える
  • 天体の情報の表示:天体情報パレットとクイックアクセスバー/リボンバーやダイアログで名称や線を表示/地球の影
  • アニメーション:天体を中央に固定する/光跡を残す
  • 写真撮影のシミュレーション:写野角の表示/地上風景/表示形式やモードを変更
  • 様々な応用:7等星の食/月から見た様子を再現/会合検索で未来の食を調べる/等

場所:

※どなたでも無料で参加でき、申し込みも不要です。当日に上記のページにアクセスしてください。

講師:

泉水 朋寛 (せんすい ともひろ)
ウェブコンテンツ製作やニュース編集などを担当。ステラナビゲータを用いての星空解説セミナー等も定期的に開催している。世の中が落ち着いたら8度めのニュージーランド旅行に行きたい。

「オンライン講習会 天体画像処理 完全マスター 理論編」

撮影した天体画像を美しい作品に仕上げていくのに避けて通れないのが「画像処理」。本講座「理論編」では、デジタル画像の仕組みや一般的な画像処理の基本理論から解説を行い、より的確な画像処理ができるようになることを目指します。さらに、おもに星雲・星団を対象にした天体画像処理特有の注意点と作業の流れを体系的に解説します。なんとなく画像処理を行っている方、天体画像処理を本格的に取り組みたいという方はぜひご参加ください。

※ステライメージをお持ちでない方、購入を検討されている方にもお役に立つ内容です。

日時:

  • 2021年4月24日(土)13時~

※講習時間は約2時間程度(質疑応答を含む)です。

講座内容:

  • デジタル画像(解像度と階調 / RAWとJPEG)
  • デバイスと画像(モニタごとの見え方の違い / デバイスのダイナミックレンジ)
  • 良い天体写真とは?画像処理の役割(ダーク補正 / フラット補正 / ホット&クールピクセル除去 / コンポジット / 明るさ調整 / カラー / シャープネス / ノイズ低減 / 星のシャープ化)
  • ステライメージ9のコンポジットパネルと画像調整パネル

場所:

講師:

上山 治貴(かみやま はるき)
株式会社アストロアーツ取締役。同社設立に参画後、天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ」を開発し、以後「ステライメージ」「ステラショット」「ステラドームプロ」などを中心となって開発。幼少のころからの天文ファンで、とくに日食、流星が大好物。

定員:

  • 50名程度

受講料:

  • 6,000円(税込)

申込方法:

  • イベントポータルサイト「everevo(イベレボ)」で受講チケットをご購入ください。
everevoで申し込む(外部のウェブサイトに移動します)

ご注意:

これまでに開催された講座