星ナビ9月号は「ペルセウス座流星群」と「アルマ望遠鏡の10年」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2021年9月号は8月5日(木)発売です。特集では「ペルセウス座流星群」の流星数予想と画像処理術を紹介。さらに、「アルマ望遠鏡」10年の軌跡を辿ります。

【2021年8月2日 星ナビ編集部

星ナビ2021年9月号表紙

アルマ望遠鏡山頂施設で撮影した「アンテナの上に輝く天の川」です。2021年9月、アルマ望遠鏡は初期科学観測の開始から10年を迎えます。


8年ぶりの好条件 ペルセ群出現予想 何個見える?流れ星

今年のペルセウス座流星群は好条件での観測が期待されていますが、一体いくつの流れ星を見ることができるのでしょうか。月明かり、流星数の推移、空のコンディションなどを考慮しながら予想してみましょう。

ペルセ群出現予想


赤道儀で追尾して比較明合成 流星群の放射点写真を作る

今年のペルセ群こそ憧れの写真を撮影してみませんか。一つずつ写真を確認しながら作る「流星雨写真」の作成は大変だけど楽しいもの。そんな、憧れの流星雨写真を作るための画像処理の手順を紹介します。

流星群の放射点写真を作る


新発見と深まる謎 ALMA魂の10年

南米チリ、標高5000mのアタカマ砂漠。この厳しい環境でアルマ望遠鏡は観測を始めて10年になります。驚くべき観測成果や進化を続ける「アルマの10年」を辿ります。

ALMA魂の10年


天体撮影お悩み相談 第2回 星像のピント合わせをマスターしよう

手探りで天体写真を始めたけど、いまひとつ期待通りに撮れないことがありませんか。初心者がミスしやすいポイントを事前に知っておけば失敗が少なくなるはず。今回は「星像のピント合わせ」をテーマにお悩みを解決します。

天体撮影お悩み相談


エーゲ海の風 第24回 有名星座のウソ・ホント⁉ ギリシア神話の定説検査

星空を眺める楽しみに彩りを与えてくれる星の神話や伝承たち。しかし、よく知られているエピソードの中にも誤ったものがあります。古代の星座解説書をひもといて解明していきましょう。

エーゲ海の風


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jpで。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

📖 試し読みはこちら!

星ナビ2021年9月号

関連商品

月刊「星ナビ」に連載された藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成。星空に繰り広げられる神話物語を全20話のまんがで綴ったムックの新版。

タグ

〈関連リンク〉

関連記事