星ナビ11月号は「限りなく皆既に近い部分月食」と「ステラナビゲータLite使ってみた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2021年11月号は10月5日(火)発売です。11月のほぼ皆既月食を2部構成で解説。さらに「ステラナビゲータLite」を天文系YouTuberがレポートします。

【2021年10月1日 星ナビ編集部

星ナビ2021年11月号表紙

沼澤茂美さんによる「地球の影の端にかかる月」です。2014年10月8日の皆既月食時の写真で、今回の最大食分にほぼ等しい状態の月です。


限りなく皆既に近い部分月食

11月の部分月食は限りなく皆既に近い月食。地平高度が低い位置で食が最大になるので地上景色とも一緒に撮影しやすいです。パート1では、月食星景や月食星野で使える作画のヒントなどを、パート2ではターコイズフリンジなど「地球の影」をとらえる方法を紹介します。事前にチェックして、万全の態勢で当日を迎えましょう。

部分月食1 部分月食2


Deepな天体写真 市街地で星雲撮影2 貴重な一晩を有効活用する

天体写真の撮影では、限られた観測時間を有効に使いたいですよね。短時間露光での多数コンポジットや一気撮りシステムなど、光害地から効率よく星雲撮影を行う方法を紹介します。

市街地で星雲撮影2


ステラナビゲータLiteを天文YouTuberが使ってみた

今年7月に発売された天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータLite」。どんなことができるのか、フル版との違いは?など気になるポイントを、天文解説を行うYouTuberが実際に使ってみました!

ステラナビゲータLite


エーゲ海の風 第25回 仲良し兄弟と悲劇の姉妹 カストルとポルックスの冒険

ふたご座のモデル・カストルとポルックス。彼らは神話では女児2人と一緒に四つ子として誕生しました。この姉妹の物語はギリシア悲劇として古典の名作となっています。

エーゲ海の風


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jpで。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

📖 試し読みはこちら!

星ナビ2021年11月号

関連商品

月刊「星ナビ」に連載された藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成。星空に繰り広げられる神話物語を全20話のまんがで綴ったムックの新版。

タグ

〈関連リンク〉

関連記事