星ナビ6月号は「赤いスーパームーン」と「もうひとつの『はやぶさ』物語」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2021年6月号は5月6日(木)発売です。3年ぶりに全国で見られる「皆既月食」や映像作品『HAYABUSA』の軌跡を紹介します。

【2021年4月30日 星ナビ編集部

星ナビ2021年6月号表紙

沼澤茂美さんによる皆既月食の連続写真です。皆既月食の明るさはその時の地球の大気の状態を反映したものです。今回はどんな色の月食が見られるでしょうか。


5月26日は皆既月食 赤いスーパームーン

今回の月食は日本の広範囲で観測されるものとしては3年4か月ぶり。部分食が19時前から始まるため、非常に観測しやすい月食です。また、高度が低いため風景と一緒に撮るのもおもしろいでしょう。現象の見どころから撮影のポイントまでをまとめました。

5月26日は皆既月食


HAYABUSA三部作完結 もうひとつの「はやぶさ」ミッション

小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」の軌跡を描いた映像作品『HAYABUSA』。作品制作の裏側で生まれたドラマを、監督の上坂浩光さんが振り返ります。

HAYABUSA三部作


クロスフィルターを使いこなす きらきら星を撮る

星に光条が出る「クロスフィルター」は星景作品の表現の幅を広げてくれる機材です。クロスフィルターを使用した星景での作例や、ソフトフィルターとの比較で解説します。

きらきら星を撮る


宇宙の時を刻む 太陽系をとじこめた始まりのプラネタリウム

1781年、科学を愛する青年アイゼ・アイジンガーが制作したのは世界で初めてのプラネタリウムでした。オランダの小さな街で今も動き続けている「世界で最も古いプラネタリウム」を訪ねます。

宇宙の時を刻む


ステラショットで撮らなきゃ損! vol.8 月食の準備と撮影をしよう!

目前に迫った皆既月食。準備は万全にしておきたいですね。「ステラナビゲータ」を使った撮影シミュレーションで準備をするのがおすすめです。さらに、「ステラショット2」のインターバル撮影を使った月食のらくらく撮影も紹介します。

撮らなきゃ損


マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問 file10 深海×宇宙! アストロバイオロジーに魅了された研究者

YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」で情報発信を行うマユコさん。今回のゲストは深海から宇宙を目指す「アストロバイオロジー」の研究者。記事のこぼれ話はYouTubeチャンネルにて!

突撃!ラボ訪問


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jpで。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

星ナビ2021年6月号

関連商品

月刊「星ナビ」に連載された藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成。星空に繰り広げられる神話物語を全20話のまんがで綴ったムックの新版。

タグ

〈関連リンク〉

関連記事