AstroArts Topics

天文現象

天体写真ギャラリー:ふたご座流星群、ウィルタネン彗星など149枚

2018/12/17
ふたご座流星群の流れ星、ウィルタネン彗星(46P)とプレアデス星団の共演など。

【特集】部分日食(2019年1月6日)

2018/12/14
新年最初の日曜日、1月6日の午前中に部分日食が起こり、日本全国で見られます。太陽の高度があまり高くないので、事前に観察や撮影の計画をしっかり立てておきましょう。

2018年12月23日 こぐま座流星群が極大

2018/12/14
12月23日、こぐま座流星群の活動が極大となる。満月が明るく、流れ星はほとんど見えないかもしれない。

天体写真ギャラリー:ウィルタネン彗星、冬の天の川など58枚

2018/12/13
ウィルタネン彗星(46P)、オリオン座大星雲、天の川など。

2018年12月中旬 くじら座ο星ミラが極大のころ

2018/12/12
12月中旬ごろ、約332日周期で明るさが変わる変光星のくじら座ο星ミラが極大光度になるとみられている。双眼鏡で見てみよう。

2018年12月15日 水星が西方最大離角

2018/12/12
12月15日、明け方の南東の低空に見えている水星が、太陽から最も離れて西方最大離角となる。

天体写真ギャラリー:ウィルタネン彗星、マックホルツ・藤川・岩本彗星など72枚

2018/12/11
ウィルタネン彗星(46P)、マックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)、火星と海王星の大接近、月と土星の接近など。

2018年12月14日 ふたご座流星群が極大

2018/12/07
12月14日、ふたご座流星群の活動が極大となる。14日深夜から15日明け方が一番の見ごろだ。

天体写真ギャラリー:火星と海王星、彗星、銀河など56枚

2018/12/07
火星と海王星の大接近、ウィルタネン彗星(46P)、マックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)、銀河など。

【特集】初日の出と新年の夜明け空(2019年)

2018/12/05
一年の始まりを告げる「初日の出」。早起きして新年への思いを新たにしましょう。明けの明星やしぶんぎ座流星群、部分日食など、初日の出以外の注目現象もいろいろあります。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

2018年12月上旬 火星と海王星が大接近

2018/12/04
12月上旬ごろ、夕方から深夜の南から南西の空で、火星と海王星が大接近して見える。最接近は7日ごろ。

2018年12月上旬 はくちょう座χ星が極大のころ

2018/12/04
12月上旬ごろ、約408日周期で明るさが変わる変光星のはくちょう座χ星が極大光度になるとみられている。双眼鏡で見てみよう。

2018年12月 マックホルツ・藤川・岩本彗星が8等前後

2018/12/03
11月上旬に発見されたマックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)が、12月中は夕方の西の空に見える。明るさは8等前後の見込みだ。

天体写真ギャラリー:ウィルタネン彗星など67枚

2018/12/03
金星、ウィルタネン彗星(46P)、スイフト・ゲーレルス彗星(64P)、散光星雲など。

2018年12月9日 細い月と土星が大接近

2018/11/30
12月9日の夕方、南西の低空で月齢2の細い月と土星が大接近して見える。

天体写真ギャラリー:ウィルタネン彗星など59枚

2018/11/29
月、ウィルタネン彗星(46P)など。

2018年12月4日 細い月と金星が接近

2018/11/27
12月4日の未明から明け方、東から南東の低空で月齢26の細い月と明けの明星の金星が接近して見える。

2018年12月 ウィルタネン彗星が4等台

2018/11/26
11月ごろから来年1月中旬ごろまで、ウィルタネン彗星(46P)が比較的明るくなると予想されている。12月中は、くじら座からおうし座、ぎょしゃ座のあたりで4等台の見込みだ。

2018年12月の星空ガイド

2018/11/26
主な現象/火星、金星(明けの明星)が見える/ウィルタネン彗星が4等台/4日:細い月と金星が接近/7日ごろ:火星と海王星が大接近/中旬:くじら座ミラが極大/14~15日:ふたご座流星群が極大/16日ごろ:ウィルタネン彗星とプレアデス星団が並ぶ/22日ごろ:水星と木星が大接近

天体写真ギャラリー:アンドロメダ座大銀河、M77の超新星2018ivcなど79枚

2018/11/26
月、マックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)、アンドロメダ座大銀河、M77の超新星2018ivcなど。