天体撮影をサポート「ステラショット2公式ガイドブック」発売!

このエントリーをはてなブックマークに追加
天体撮影ソフト「ステラショット2」の公式ガイドブックが発売されます。「ステラショットLite」にも対応し、機材選びから撮影までの全工程を解説します。

【2022年3月4日 アストロアーツ

天体の位置計算・星図表示と赤道儀やカメラ(デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼、CMOSカメラ)の制御をまとめて行う天体撮影ソフトウェア「ステラショット2」の公式ガイドブックが登場します。

「ステラショット2 公式ガイドブック」
「ステラショット2 公式ガイドブック」A5判 カラー272ページ

「ステラショット2 公式ガイドブック」はフルカラーの272ページ。各機材との接続や設定、極軸補正、オートガイドなどの複雑な手順をステラショットで効率的に実現するための方法を案内しています。また、ステラショット2ならではの「待ち伏せ撮影」などといったテクニック、GearBoxを使った無線制御も解説します。

本書での説明の多くは、必要な機能を厳選した「ステラショットLite」にも対応しています。また、単にソフトウェアの機能を説明するにとどまらず、機材をそろえて撮影を計画するまでの準備や、実際の撮影における一つ一つのステップも解説しているため、これから天体写真の撮影に挑戦しようという方の入門書としても最適です。

「ステラショット2 公式ガイドブック」の発売は3月11日(金)です。ステラショット2またはステラショットLiteの登録ユーザー様向けの優待販売も実施中です(3月31日(木)まで)。

《販売形態および価格(全て税込み)》

製品 価格
公式ガイドブック(通常価格) 4,400円
公式ガイドブック(優待販売) 3,960円
ステラショット2+公式ガイドブック 38,760円
ステラショット2+公式ガイドブック+GearBox セット 61,750円

「ステラショット2 公式ガイドブック」
「ステラショット2 公式ガイドブック」オールカラーで天体撮影とステラショットの使い方を解説

関連商品

天体写真の撮影時にカメラレンズの結露を防止する電熱線式ヒーター。電源はモバイルバッテリー(別売)を使用。

関連記事