2018年10月18日 月と火星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月18日の夕方から深夜、月齢9の月と火星が大接近して見える。

星図

10月18日の夕方から深夜、南から南西の空で月齢9の上弦過ぎの月と火星が大接近して見える。肉眼や双眼鏡で大接近の様子を観察してみよう。

7月31日の火星の地球最接近から2か月半ほど経過し、さすがに火星は少し暗くなってきた。とはいえ、マイナス1等級の赤い輝きは、月がすぐそばにあってもよく目立つ。日付が変わるころには沈むので、天体望遠鏡で観察する場合は早めに見ておこう。次回の接近は11月16日。

タグ