2020年度日本天文学会各賞の受賞者発表 本間さん、板垣さんら

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本天文学会が2020年度の日本天文学会各賞の受賞者を発表した。

【2021年2月5日 日本天文学会

受賞者

● 林忠四郎賞:
  • 本間希樹さん(国立天文台)
    研究の表題「超長基線電波干渉計に基づく銀河系構造の研究と巨大ブラックホール・シャドウ撮像への貢献」
● 天体発見賞(7氏17件):
● 天体発見功労賞(2氏2件):

このほか、欧文研究報告論文賞(2編)も合わせて発表されている。また、研究奨励賞、天文功労賞は6月に決定予定となっている。

岩本彗星(C/2020 A2)
岩本彗星(C/2020 A2)(撮影:yas_araiさん。画像クリックで天体写真ギャラリーのページ