2020年8月13日 金星が西方最大離角

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月13日、未明から明け方の東の空で輝いている明けの明星の金星が太陽から最も離れて西方最大離角となる。

星図

未明から明け方に東の空に輝く金星が、8月13日に太陽から最も離れて西方最大離角となる。

日の出3時間前にはもう地平線上に昇ってきており、日の出1時間前の高度は30度近くに達する。マイナス4.3等と非常に明るく輝いており、まさに「明けの明星」と呼ぶにふさわしい存在感だ。8月中旬の明け方にはすでに冬の星座たちが東の空に見えており、明るい星々が多いが、その中にあって金星は別格の輝きを見せている。ぜひ早起きして眺めてみよう。16日には細い月と接近する美しい光景も見られる。

現在ふたご座付近に位置している金星は、今後かに座のプレセペ星団(9月中旬ごろ)しし座の1等星レグルス(10月上旬ごろ)、おとめ座の1等星スピカ(11月中旬ごろ)と接近する。その後、来年1月上旬ごろまで明けの明星として輝き、来年5月ごろから宵の明星として夕方の空に見えるようになる。

2020年7月~2021年1月の見え方
2020年7月~2021年1月の、日の出45分前の金星の位置(場所の設定は東京)。金星の見かけの形状は大きく描いている