6月26日・27日にオンラインで天体画像処理講習会を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
アストロアーツは6月26日(土)・27日(日)に、オンライン講習会「天体画像処理 完全マスター 実践編」を開催します。

【2021年6月18日 アストロアーツ

「天体画像処理 完全マスター 実践編」は6月26日(土)・27日(日)の全2回で、天体画像処理ソフト「ステライメージ9」の開発者であるアストロアーツ上山が、おもに星雲・星団を対象にした天体画像処理特有の注意点と作業の流れを体系的に解説します。

Web会議システム「Zoom」を使ってオンラインで開催されるため、お住まいの地域に左右されることなく手軽に参加していただくことができます。また、配付資料や「ステライメージ9」の実演を交えた多角的な説明を行い、講習会中に質問もしやすくなっているので、理解が深まります。

■ 講座名:
  • 「天体画像処理 完全マスター 実践編」
■ 日時:
  • 1日目:2021年6月26日(土) 13時~
  • 2日目:2021年6月27日(日) 13時~
■ 講師:
  • 上山治貴(株式会社アストロアーツ)
■ 受講料:
  • どちらか1日のみ:6,000円(税込)
  • 2日とも受講:10,000円(税込)
■ 定員:
  • 50名
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします
■ 講習内容:
  • ステライメージのユーザーを初めとした皆さまからの声を元に、星雲・星団を対象とした天体画像処理でつまずきやすいポイントを取り上げて、重点的に解説します。「ステライメージ9」の実演を織り交ぜながら講義し、皆さまからの質問にも積極的に答え、画像処理がうまくいかない、どうすればいいかわからないという方の悩みを一緒に解決します。
  • 1日目(6月26日):下処理
    • 画像処理の順序
    • ダーク補正
    • ホットピクセル、クールピクセル除去
    • フラットフレームによるフラット補正
    • RAW現像
    • コンポジット:コンポジットの原理 / 加算と加算平均の違い / σコンポジット
    • データの保存
  • 2日目(6月27日):仕上げ処理
    • 周辺減光とセルフフラット補正
    • 画像の明暗を調整する:レベル調整 / ヒストグラム / トーンカーブ / 階調圧縮
    • カラーの調整:オートストレッチ / マトリクスカラー強調 / Lab色彩調整
    • ディテールの強調:アンシャープマスク、ウェーブレット処理
    • ノイズを低減
    • 恒星像の調整:スターシャープ、スターエンハンス
    • ステライメージ9の「画像調整パネル」と各処理の対応
■ 申し込み:

※講座では「Zoom(ズーム)」というWEB会議システムを利用します。受講される方は、事前にZoomの環境チェックをお願いいたします。また、everevoでお申し込みの際にZoomでのお手続きの案内もいたしますので、必ずお済ませください。

関連商品

異なるメーカーのバッテリーを1台で高速充電が可能な新システムが登場。専用の充電器が不要に。

関連記事