2020年2月中旬 火星と干潟星雲、三裂星雲が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月中旬から下旬、未明から明け方の南東の低空で、火星がいて座の干潟星雲と三裂星雲に大接近する。2月18日ごろに両星雲の間を通過する。

星図

2月中旬から下旬の未明から明け方、南東の低空に見えている火星が、いて座の干潟星雲と三裂星雲に大接近する。

最接近は2月18日ごろで、その前後の期間に火星は2つの星雲の間を西から東へと通り抜けていくように動く。やや低空での現象となるが、ぜひ双眼鏡や低倍率の天体望遠鏡で観察したい。望遠レンズでの撮影にも挑戦してみよう。19日には細めの月も近づく

火星は今後、3月下旬に木星と大接近4月上旬に土星と大接近する。そして10月6日に地球と最接近する。これは見かけの接近ではなく、宇宙空間における実際の距離の最接近だ。約6200万kmとかなり近づいて明るくなるので楽しみにしよう。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。