2019年11月下旬 金星と木星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月下旬ごろ、夕方の南西の低空で金星と木星が大接近して見える。最接近は11月24日ごろ。

星図

11月下旬ごろ、夕方の南西の低空で宵の明星の金星と木星が大接近する。

最接近は11月24日ごろで、満月3個分ほどの間隔まで近づく。一番星の宵の明星・金星と木星が寄り添うように並ぶ夕景はとても美しいが、日の入り30分後の高度が10度ほどと低く、やや見づらい。南西の空の見晴らしが良いところで観察したり写真に撮ったりしてみよう。28日29日には近くに細い月も並ぶ。また、金星は12月中旬には土星と大接近する。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。